CRITS®実績デフォルト率

CRITS®実績デフォルト率

足許の実績デフォルト率
(2021.12.31までの1年間)
1.45%
四半期前比
+0.06%

データのダウンロード

調査の概要

①調査対象

*一般社団法人全国地方銀行協会の会員62行

②デフォルトの定義

*前年の四半期末(3月末、6月末、9月末、12月末)時点における正常先・要注意先・要管理先または延滞3か月未満の先(以下「非デフォルト先」)のうち、1年以内に破綻懸念先・実質破綻先・破綻先もしくは延滞3か月以上のいずれかに初めて該当した先(以下「デフォルト先」)

③デフォルト率の計算方法

*基準年月までの1年間のデフォルト先数を非デフォルト先数で除して計算

CRITS®信用リスク情報統合サービス

  • ビッグデータ
    ビッグデータ
    当協会の全会員銀行が長年にわたり着実にデータ登録を実施。地銀のほぼすべての事業性貸出先を網羅。延べ6,000万先超の債務者、1,000万件超の決算書、約300万先超のデフォルトデータ。
  • 豊富な収集データ項目
    豊富な収集データ
    項目
    業種、地域、規模、財務、信用度等の基本的な項目に加え。債券情報、保全情報など。メイン先区分、創業年などのデータ収集も試行。
  • 高精度・客観性・比較可能性
    高精度・客観性・
    比較可能性
    統一されたデータ登録基準。安定したデータ母集団。日本全国をほぼ偏りなくカバー。厳格な精度管理プロセス。
  • 時系列データの充実
    時系列データの充実
    リーマンショック、金融円滑化法、東日本大震災、アベノミクス、コロナ禍といった特徴的な経済・社会動向をカバー。最長で累積20年のデフォルト率、格付遷移確率の集計が可能。

*一般社団法人全国地方銀行協会は、会員である地方銀行の信用リスク管理高度化を支援するため、「信用リスク情報統合サービス」(Credit Risk Information Total Service:CRITS®)を2004年より運営しています。

*CRITS®は、①財務・信用情報データベース、②財務スコアリングモデル、③信用VaRモデルの3機能を統合的に提供するサービスです。

*このうちの「財務・信用情報データベース」は、会員銀行が長年にわたり、統一された基準に基づいて、貸出業務に関連する豊富なデータ登録を行ってきており、リーマンショックをはじめとする特徴的な経済・社会動向をカバーしたデータベースへと成長を遂げています。

お問い合わせ先

*「CRITS実績デフォルト率」やCRITS®に関するお問い合わせはこちら

  • CRITS®は一般社団法人全国地方銀行協会の登録商標です。
  • CRITS®実績デフォルト率は、信頼すべき情報に基づいて提供するものですが、その正確性や完全性を保証するものではありません。
  • CRITS®実績デフォルト率は、予告なく修正される場合があります。