会長所信

会長所信

2022年6月15日
全国地方銀行協会
会長 米本 努

全国地方銀行協会 米本 努

はじめに、新型コロナウイルス感染症に罹患されたみなさまに対し、心よりお見舞い申しあげます。
 また、ウクライナ問題が長期化しており、多くの方々の命や生活が脅かされています。一日も早く平和的な解決がなされることを切に願っております。

わが国経済を取り巻く環境は、急激に変化しています。新型コロナウイルスの感染拡大により、個人の価値観や行動様式が大きく変化しました。また、昨年の出生数は過去最少、総人口も過去最大の落ち込みとなるなど、わが国にとって大きな問題である少子高齢化・人口減少については歯止めがかからない状況です。
 さらに、年明け以降、グローバルな金融政策の潮目の変化、金利上昇圧力の高まりや急速な円安の進行、各種資源・原材料価格の高騰などにより、先行きの経済情勢については不透明感が強まっています。
 この間、SDGsの達成や社会全体の生産性向上などに向けた機運が高まり、「グリーン」や「デジタルトランスフォーメーション」といった視点がますます重要になっています。

以上のような大きな環境変化は、地域経済にも影響を及ぼしています。こうした状況の下、我々地方銀行は自らを変革し、変化の波に柔軟に対応しながら地域経済の持続的な発展を牽引していく重責を担っていると認識しております。
 全国地方銀行協会は、会員銀行が期待される役割を果たし、地域と共に持続的な発展を遂げられるよう、次に掲げる3つのテーマを本年度の柱に据え、様々な取組みを展開してまいります。

様々な変化に対するレジリエンスを備えた持続可能な地域経済社会の確立

ウィズコロナ/ポストコロナにおける事業者支援にあたっては、引き続き資金繰り支援に万全を期すとともに、お客さまとの深度ある対話を通じて、本業支援を通じた収益力の回復や業態転換等も含めた事業再構築、事業再生支援などきめ細かい伴走支援を行ってまいります。
 地域の強みを活かし価値を生み出す地域社会の実現に向けては、地域の一体的・面的支援、地域商社などを活用したブランディングや販路開拓支援にも積極的に取り組んでまいります。
 また、お客さまが人生100年時代を豊かに過ごしていただけるよう、お客さま本位の業務運営を徹底し、長期安定的な資産形成・資産承継ニーズへ適切な対応を進めてまいります。あわせて、ポストコロナを展望した営業体制・チャネルを整備するとともに、安心安全な金融サービスを提供してまいります。
 我々地方銀行は、以上のような取組みを通じて、レジリエンスを備えた地域社会の確立に貢献してまいります。

デジタルトランスフォーメーション(DX)を通じた金融イノベーションの促進

コロナ禍により、個人の価値観や行動様式が大きく変化し、サービス提供の非対面化・デジタル化の拡充が進んでいます。我々地方銀行も、DXを積極的に進めるとともに、手形・小切手の電子化、税・公金収納や支払の効率化、お客さまのニーズを踏まえた決済サービスの高度化・効率化などを通じて、生産性・利便性の向上を図ってまいります。
 さらに、お客さまのDX支援を行っていくとともに、銀行法改正により昨年11月に実現した業務範囲の拡大を活用した新ビジネス創出にも努め、地域社会全体のDXを牽引し、金融イノベーションを促進してまいります。

持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けたESG経営の推進

我々地方銀行は、ESG経営に注力し、地域経済の持続可能性を高めていくことが、自らの持続的成長にも資することになると考えております。
 こうした考えに基づき、自ら積極的にESG経営を実践するとともに、地域企業のESG経営への取組みを促し、持続可能な地域経済の実現、地域レベルでのカーボンニュートラルの浸透に貢献してまいります。
 また、多様な人材が活躍し、イノベーションと持続的成長を遂げる社会を実現するため、ダイバーシティ&インクルージョンにも積極的に取り組んでまいります。

全国地方銀行協会は、各種関連事項の調査・研究、会員銀行間の情報・ノウハウの共有、関係省庁や他業界との連携、地域活性化に資する規制改革要望等を通じて、会員各行の経営課題解決に向けた取組みを積極的に支援し、地域経済を支え、地域の皆さまのお役に立てるよう、誠心誠意努力してまいります。

以上