地方銀行における「地域密着型金融」に関する取り組み状況の公表

>>過去の取り組み状況


2021年9月15日


地方銀行における「地域密着型金融」に関する取り組み状況の公表



 一般社団法人全国地方銀行協会(会長 柴田久 静岡銀行頭取)は、地方銀行62行の地域密着型金融の取り組みを取りまとめました。

 地域経済を取り巻く環境は、少子高齢化・人口減少といった構造変化に加え、新型コロナウイルス感染症の拡大長期化の影響により、大変厳しい状況が続いています。こうした状況下において、お客さまの課題は一層多様化・複雑化しています。

 地方銀行は、資本性資金の提供や創業・再生ファンドへの出資を含め、金融仲介機能の発揮に努めています。また、各種マッチングやM&A等のコンサルティング機能の提供により、お客さまのビジネスや経営改善等を支援しています。

 地方銀行は、こうしたことを通じて、お客さまに寄り添い、伴走しながら、地域における様々な課題の解決に貢献しています。

 当協会は、今後も、年1回、取り組み状況を公表していく予定です。


取り組み状況の取りまとめ結果はこちら


※本件に関するお問い合わせ先
   総合企画室(小林(寛)、若井)
TEL 03(3252)5170