地方銀行における「地域密着型金融」に関する取組み状況

>>過去の取組み状況


2019年9月18日


持続可能な地域社会づくりを支援
― 地方銀行における「地域密着型金融」に関する取組み状況 ―



 全国地方銀行協会(会長 笹島律夫 常陽銀行頭取)は、地方銀行64行の地域密着型金融の取組みを取りまとめました。

 地方銀行は、持続可能な地域社会の実現に向け、地元の地方自治体や企業と連携して、地域経済・産業の活性化、超高齢社会への対応など、地域の様々な課題の解決に取り組んでいます。

 また、長年にわたり培ったノウハウやネットワークを活かし、地域の企業に対して、創業、事業拡大、生産性向上、事業承継や事業再生の支援など、企業のライフステージに応じた適切な金融商品・サービスを提供しています。

取組み状況の取りまとめ結果はこちら


※本件に関するお問い合わせ先
企画調査部 (塩野谷、小林(寛))
TEL 03(3252)5171
概要は以下のとおりです。

1.地域経済・産業の活性化

地元の地方自治体や企業と連携し、地域全体の活性化への取組みを実施。地域住民、特に若者に興味を持ってもらうためのイベント等を企画・開催。


国体広告をラッピングした移動相談車
(常陽銀行)


高校生・大学生を対象に、愛媛の活性化
アイデアを出し合う「いよぎんミライ創造塾」
(伊予銀行)



2.安心して暮らせる地域社会への貢献

人生100年時代を見据え、若者からお年寄りまで安心して生活できる地域社会づくりに資する金融商品・サービスを提供。


「認知症予防セミナー」の開催(秋田銀行)



さぎんCSR私募債「地域の芽・育む債」
を通じた教育関連物品の寄贈(佐賀銀行)






3.環境問題等への取組み

環境保全に取り組む企業に対して、環境関連の融資商品を提供しているほか、自らも、環境負荷の低減や森林保全、環境美化・清掃活動等への取組みを実施。


銀行独自の環境格付を活用した環境評価融資
「エコ・フロンティア」(百五銀行)



銀行アプリ「スマート通帳」の普及に応じた
環境活動への寄付(大分銀行)




4.地域企業のライフステージに応じた支援

ビジネスマッチング、商談会開催等により、国内の販路拡大のみならず、海外へのビジネス展開を支援。


<海外進出支援および海外ビジネス支援の
取組み先数(年度中)>



地方自治体等と提携した「山形県台湾商談会」
(山形銀行)







後継者不在に悩む企業経営者に対し、M&Aの相手先の紹介、事業承継にかかる資金の融資等を実施。セミナー開催等により、若手後継者の育成も支援。


<事業承継の相談受付件数(年度中)>



事業承継による後継者の育成支援
「アトツギベンチャー・キャンプ」(鳥取銀行)







※過去の取組み状況はこちら