九 州(平成26年3月)

※本資料をご覧いただくには、PDFファイルの
閲覧用ソフト(AcrobatReader)が必要です
PDF書類ヘルプ


■エリア別経済状況

北海道東 北関 東甲信越北 陸東 海
近 畿中 国四 国九 州沖 縄

九 州

 

 九州の景況は、個人消費、生産活動が持ち直し、生産活動が回復に向けた動きにあるなど、緩やかな回復

 個人消費は、乗用車販売が普通・小型乗用車、軽乗用車いずれも増加したほか、百貨店販売が引続き好調となるなど、緩やかな持ち直し。住宅建築は、貸家、分譲住宅が減少するなど、足踏み。設備投資は、非製造業で投資計画を積み増す動きがみられるなど、上向き。公共工事は、国、独立行政法人等が増加し、回復に向けた動き。輸出は、精密機器、船舶が減少するなど、足許一服。

 生産活動は、電気機械、輸送機械が増加するなど、緩やかな持ち直し。

鉄鋼は、生産水準が上昇(福岡、宮崎)、低下(大分)。
金属製品は、生産水準が上昇(福岡、佐賀、大分)。
汎用・生産用・業務用機械は、生産水準が上昇(福岡、宮崎)、低下(佐賀)。機械・重電は生産高が増加(長崎)。
電気機械は、生産水準が上昇(佐賀、熊本)。
情報通信機械は、生産水準が上昇(大分)。
電子部品・デバイスは、生産水準が低下(福岡、長崎、熊本)。自動車向けが好調、スマートフォン向けが弱含み(鹿児島)。
輸送機械は、生産水準が上昇(福岡、熊本)。大手・中堅造船は生産高が減少(長崎)。
化学は、生産水準が上昇(大分、宮崎)、低下(福岡、佐賀)。
パルプ・紙・紙製品は、生産水準が低下(大分)。

食料品は、生産水準が低下(福岡、佐賀、熊本)。焼酎は、生産が増加、出荷が減少(鹿児島)。


 観光は、温泉地の入込客が増加するなど、緩やかな持ち直し。

1月の唐津地区は、年始の宿泊が堅調なるなど、例年並み。嬉野地区は、外国人客の入込が堅調(佐賀)。
1月の別府周辺地区の入込みは、宿泊者数が4か月ぶりに前年比増加、レジャー施設が3か月連続で増加(大分)。
1月の主要観光施設の入場者数は、前年比増加。県内主要ホテル・旅館の宿泊客数は、霧島地区、鹿児島地区、種子島・屋久島地区、指宿地区いずれも増加し、全体では2か月連続で前年比増加(鹿児島)。

12月の主要宿泊施設の宿泊客数、主要観光施設の入場者数ともに2か月連続で前年比増加(長崎)。


 雇用は、所定外労働時間が上昇したほか、医療・福祉、サービス業で新規求人数が増加するなど、緩やかな持ち直し。

 先行きは、一時的に消費税率引き上げ前の駆込み需要の反動が予想されるものの、基調は緩やかな回復が続くとみられている。

 


●都道府県別の状況
福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県