中 国(平成26年3月)

※本資料をご覧いただくには、PDFファイルの
閲覧用ソフト(AcrobatReader)が必要です
PDF書類ヘルプ


■エリア別経済状況

北海道東 北関 東甲信越北 陸東 海
近 畿中 国四 国九 州沖 縄

中 国

 

 中国の景況は、輸出が持ち直し、生産活動が回復に向けた動きにあるなど、持ち直し

 個人消費は、大型小売店販売が振るわなかったものの、乗用車販売が普通・小型乗用車、軽乗用車いずれも増加するなど、上向き。住宅建築は、持家、貸家、分譲住宅いずれも増加し、持ち直し。設備投資は、製造業、非製造業ともに投資計画を積み増す動きがみられるなど、上向き。公共工事は、県、市町村が増加するなど、持ち直し。輸出は、自動車、有機化合物が増加し、持ち直し。

 生産活動は、鉄鋼、自動車が増加し、緩やかながら回復に向けた動き。

鉄鋼は、生産水準が上昇(岡山、広島、山口)。特殊鋼は、自動車、エレクトロニクス関連を中心に回復、工作機械用鋳物は持ち直し(島根)。
汎用・生産用・業務用機械は、生産水準が低下(広島)。
電子部品・デバイスは、生産水準が上昇(鳥取)。スマートフォン、自動車向けが増産(島根)。
自動車は、生産水準が上昇(広島、山口)、高水準を持続(岡山)。
窯業・土石製品は、生コンが持ち直しの動き(島根)。石州瓦は横這い圏内の動き(島根)。
化学は、生産水準が上昇(岡山、山口)。
石油製品は、生産水準が上昇(山口)。

食料品は、生産水準が低下(鳥取)。


 観光は、温泉地などの入込客数が増加するなど、持ち直し。

1月の主要温泉地宿泊客数は、三朝温泉、皆生温泉、はわい温泉いずれも前年比増加(鳥取)。
1月の県内主要観光地入込客数は、2か月連続で前年比増加(岡山)。
12月の主要温泉地宿泊客数は、13か月連続で前年比増加。主要観光施設利用者数は、11か月連続で前年比増加。出雲大社の遷宮効果から好調(島根)。

11月の水族館「海響館」の入館者数、錦帯橋の渡橋者数、湯田温泉の宿泊客数、秋芳洞の入洞者数いずれも減少し、低迷(山口)。


 雇用は、有効求人倍率が上昇したほか、新規求人数、所定外労働時間も増加するなど、持ち直し。

 先行きは、消費税率引き上げ前の駆込み需要の反動から、一時的に弱含むとみられている。


●都道府県別の状況
鳥取県島根県岡山県広島県山口県