地方銀行における「地域密着型金融」に関する取組み状況

>>過去の取組み状況


平成28年9月14日


観光による地域活性化、成長産業の育成等を積極的に支援



 全国地方銀行協会(会長 中西 勝則 静岡銀行頭取)は、地方銀行64行の地域密着型金融の取組みを取りまとめました。

 「地方創生」が実行段階に移る中、私たち地方銀行は、地方版総合戦略の推進におけるコーディネーターの役割を果たすとともに、将来性や技術力等の評価に基づく地域企業への資金供給、経営改善や事業承継の支援などに取り組んでいます。

取組み状況の取りまとめ結果はこちら
銀行別・分野別の事例集(382事例)はこちら

※本件に関するお問い合わせ先
企画調査部 (持舘(もったて)、小林(寛))
TEL 03(3252)5171
概要は以下のとおりです。

1.地域の観光振興

地域の観光振興の舵取り役となる日本版DMOについて、観光庁に登録された101の候補法人のうち43団体の設立・運営に関与(平成28年8月31日時点)。

観光客誘致のための情報発信(①)や、海外発行カード対応のATMの設置、外国人観光客とのコミュニケーションツールの配布(②)などにも取り組む。


・主な取組事例

①観光アプリ「大分めぐりん」(大分銀行)



②「指すだけ会話ナビ」(静岡銀行)




2.ローカルブランド力の向上、地域の成長産業の育成

地域ブランドの開発、製造、販売や、新たな地域の成長産業の育成を支援。


・主な取組事例

①オール宮崎産地ビール「穂倉金生」
の増産支援(宮崎銀行)

②「ときめく南房総 花のデニッシュ」
の開発支援(千葉興業銀行)

③三重県内中小企業の航空・宇宙
産業進出支援(三重銀行)


3.地域企業のライフステージに応じた経営改善

ベンチャー企業の創業や中小企業における新事業の展開を積極的にサポート。


<創業・新事業支援融資実績(年度中)>


<企業育成ファンドへの出資残高(年度末)>



地域のネットワークを活用し、お客さまの様々なニーズに応じたビジネスマッチングを実施。

後継者に悩む中堅・中小企業のお客さまの事業承継を、外部専門家と連携して支援。


<ビジネスマッチング成約件数(年度中)>


<事業承継の相談受付件数(年度中)>



東日本大震災や熊本地震で被害を受けた地域の再生、お客さまの経営再建を全力で支援。
4月の熊本地震を受け、肥後銀行は、事業者向け・個人向けの個別相談会を開催しているほか、6月に復興支援サイト「かせするもん」を開設。





地方銀行各行における具体的な取組み事例集
銀行別の事例集 分野別の事例集


※過去の取組み状況はこちら